サウナで股間とか視界に入らない悟りの境地に達した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サウナで股間とか視界に入らない悟りの境地に達した

こんにちは、サウナハッカーです。

よくですね、知り合いに「サウナ好きなんだよね。」というと

「なんか視線とか気にならないの?」
「色々見えて嫌じゃない?」
ということを言われますが

気がついたら、全くそういうことを考えなくなったなと思いまして。

今回は、そんなどうでもいいことの記事ですw

それではいってみよ〜
レッツ!!サウナ!!

もはやサウナに他人の股間という概念は存在しないレベルに到達

サウナーになって早6ヶ月。
もはや、サウナから他人の股間という概念自体を消し去ることに成功しました。

というのも、私は気づいてしまったのです。

他人の股間を含めてこそ、サウナ室なのだ。

ということに。

サウナ室は裸と裸とのぶつかり合い、汗を汗であらう神聖な場所であります。

つまり、サウナにおいて、裸でいることは大前提なのです。
(水着のところもありますが、あくまでもそれは少数派)

 
他人の股間が見えるはもちろん当然なのです。
何も変なことはない。

そこで行われているのは「紳士のスポーツ「サウナ」
そしてそこはその闘技場「サウナ室」なのだから。

もはや股間はサウナ室の景色の一部なのです。
いや、景色でもなく、もはやサウナ室の一部なのです。

それを気にしているようでは、本来のサウナの力を引き出していないと言えるでしょう。

そして、
そもそもサウナ室とは、自分とサウナとの対話の場所なのです。

「今日も暑いね〜。」「あ、今日少し乾燥してるけど大丈夫?」

そんなサウナ室と自分との対話の間に
他人の股間が介入する余地はないのです。

最後に、これからサウナ室で他人の股間と向き合う人へ言葉を送ります。

サウナを愛するには
サウナ室を愛しなさい。股間まで愛しなさい。
股間からサウナを愛しなさい。

グッドでナイスなサウナライフを!!!



にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。