サウナでの「ととのい」度アップ!?サウナドーピングのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、サウナハッカーです!

今回は、サウナハッカーという名前通りに、僕がこれまで実施して効果のあったサウナでの「ととのい」の質を向上させるサウナドーピングについてご紹介していこうと思います!!

それでは、いってみよう!!

レッツサウナ!!

薬湯温泉でサウナドーピング

発汗などを促す漢方などが入った薬湯に5分ほど浸かった後にサウナに入るというサウナドーピングです。

通常時よりも、体の芯から、そして皮膚が熱を直に感じている感覚があり、汗がブワーっと吹き出して来ます。じっとりと汗をかくというよりもブワーっと吹き出してくる汗のナイアガラ状態になります。もう一度言います、薬湯に浸かってサウナに入ると汗のナイアガラ状態になります!!

ちなみに、草加健康センターの薬湯での長時間のサウナドーピングおよび顔面に薬湯をかける行為は体感温度が20℃くらい上がったんじゃないかレベルでヒリヒリするのでご利用は計画的に!!

ゼロリセットして負荷をかける

ゼロリセットとは、サウナ→水風呂→外気浴の後に一旦温泉に浸かり、体温を上げたのちにサウナに入るというもの。

冬などの外気が冷たい時期は身体が外気浴の際にしっかりと冷めてしまうため、次のセットが楽になってしまう、そして結果として芯まで温まることができないということが考えられます。そのため、一旦温泉に浸かり体温を上げてサウナに入ることでよりしっかり汗をかくことができ、水風呂も気持ちよくなるでしょう。

ブラシでゴシゴシで発汗を促す

サウナに入る前はしっかりと体を洗うと思いますが、その際にプレッサーでしっかりゴシゴシ洗うと、サウナに入った際の汗の出方が違います!まさに汗が噴き出すというような汗の出方をしてくれるので体も心もスッキリすることができます!

なので、通常のタオルではなくプレッサーを置いてある草加健康センターなどの施設は最高です!!湯らっくすなどもボディタオルが付いてきますが、ゴシゴシ感が足りないのでもっとゴリゴリしたものを導入してくれると嬉しいものです。

辛いものを事前に食べて芯からあっためる

サウナは外から中へ発汗を促すものですが、発汗作用のある香辛料を含んでいる辛い食べ物を事前に食べて行くことも効果大です!

汗がブヒャーと吹き出してきますよ!!

以前、草加健康センターでトマトサンラータン麺的なものの2辛(一番辛いやつ)を食べた時には、サウナレベルで食べてる時に汗をかいてしまい、その後のサウナでも体の芯から熱されて汗をかいてる感じがしてとても気持ちよかったです。

あえて疲れてからサウナにはいる

やっぱり疲れた後のサウナって最高に気持ちがいいと思うんです。

仕事での疲れ、ジムでのワークアウト後の筋肉疲労。その後のサウナでまた体をいじめつつも水風呂、外気浴で一気に解放してあげる、この開放感。身体中の重りが一気に外れた感じがするのがめっちゃ好きです。

なので、サウナーの方は毎日サウナに行きがちですが、あえて我慢して疲労を蓄積させてみたり、サウナ前に軽い運動などをして少し疲れた状態でサウナに行くと良いと思います!!

ヨガサウナで血行促進

アツアツのサウナでは居るだけで辛いのであまりやらないのですが、「少し温度が足りないなぁ」という時にやるのがヨガ。

少し関節を動かすだけでも、血流が良くなり、身体中があったかくなるのを感じられるはずです。リラックス効果もあるのでスッキリしたい人にもおススメです!!

また、サウナ中に手持ち無沙汰になる人も多いと思いますが、そんな人にも気を紛らわせるという意味でグッドかもしれないです!

ぜひお試しください!!

まとめ

今回は「ととのい」の質を向上させる取り組みについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介してきたものを見比べてみると、どれも自分に負荷をかけるものが多かったと思います。気持ちよくなるためにサウナにきているのに、一旦また負荷をかけるなんて、サウナーってM気質が強いんじゃないかなと思いました。

無理のない程度に自分に負荷をかけてサウナトランスしていきましょう!!



にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。