【湯らっくす(熊本)】サウナ愛を感じるサウナと極上水風呂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、サウナハッカー タケハラです。

サウナ探訪と称して、これまでに行ったサウナの記事を書いていこうと思います!!

記念すべき第一回目のサウナはこちら!!

熊本が誇る最強のサウナ、「九州のしきじ」こと(勝手に言ってます)
「湯らっくす」です!!

何かと話題のこのサウナなんですが、実は僕、実家が熊本にあるために
帰省の際にいけるんですね〜。初めて熊本に住んでて良かったと思いました。

それでは、いってみよ〜!! レッツサウナ!!

施設の様子

実はこの施設、2017年の7月にリニューアルしたばっかりなのです!以前から人気のあった施設なのですが、リニューアルを機にサウナ人気が大爆発!!
今では九州の中でも屈指のサウナ施設になっております。

では、早速潜入開始です!!

丸太の並んだエントランスを抜け、靴箱に靴を収め(100円が戻ってくるタイプです)で、カウンターに向かい、早速お支払い。草加健康センターとかとは違い、前払いタイプのようです。

*一階だけの利用(休憩室等なし)の場合は券売機で発券してください。

今回は、二階も利用してしたかったのでカウンターで料金を支払い、館内着と髭剃り、ウオッシュタオルの入った袋を受け取りいざ二階へ!!

カウンターの裏に階段があり、二階を利用する人はその階段を登ります。

階段の途中には、二階利用者専用の温泉への入り口があります。しかし、まずはロッカーへと向かうため階段を登って行きます。

ちなみに施設のコンセプトは

島耕作が有給休暇を取って日頃の疲れを癒しに来る場所。 そんなイメージで、館内のコンセプトを決定しています。 「島耕作はこんな料理を食べるはず」「この椅子で島耕作はゆっくりできるのか?」「照明の具合は?テレビの音量は?」 あなたの中の島耕作を満足させたい。そんなお店です。
そのコンセプト通りに、二階への階段を上がったところにあるカウンターにはずらずら〜っと漫画の島耕作が並んでいます!!

「島耕作が訪れるサウナとは一旦どんなサウナなのか!!! もしかしてお色気あり??」

なんてバカな期待をしながらロッカーへ。

ロッカー室はオーソドックスな感じで、入り口で渡された鍵で指定のロッカーを使用するタイプです。

そして、ロッカー室には、ドライヤーなどが備え付けられたドレッシングルームが併設されています。

左にちらっと写っていますが実はドライヤーがダイソンなんです!!

すごい!まさかスパ施設でダイソンがあるとは思いませんでした!感動です。

そんなダンソンを使うことを楽しみにしながら、早速男湯の暖簾をくぐり二階利用者用の更衣室へ。
(ダイソンの風力はなかなかすごかったです。そしてシュイーーンという音がなんとも不思議でした)

更衣室は鍵の付いていないロッカーが設置してあり、利用者はここに館内着等をいれて温泉♨にレッツゴーするわけです。

なので、お財布などの貴重品は上のロッカーに置いておく方が良さそうですね!

サウナ愛が溢れてます。「こだわりのサウナ」

そして湯らっくすの最大の魅力はそのサウナ!!
ということで早速、入り口に置いてあるサウナマットを持って潜入です。

オーソドックスなドライサウナ

出典:湯らっくす (女湯のサウナ室の画像です。)

男湯のサウナ室は、入ってドアを挟んで左に遠赤外線のヒーター、右にサウナストーンがあるという熱源のサンドイッチ方式で、左右で異なる熱の伝わり方を感じることができます。サウナ室の温度は90~99℃でオーソドックスな温度設定。 もちろんテレビもついていて、スピーカーもついているため無駄に音質が良い!!無駄に!!

そして、このサウナの肝は毎日一時間おきに行われるアウフグース!!
毎回異なるフレーバーのアロマ水を使い、男湯ではタオル、女湯では巨大うちわで熱波を送ってくれます。
熱波師の方のテクニックもなかなかGood!! 3x2セットで熱波を送ってくれます!
あまりにも気持ちがいいので個人的には「もっと熱波くれ〜〜!!!」って感じでした!!


セルフロウリュのメディテーションサウナ

出典:湯らっくす

このリニューアルを機に新設されたのがこのメディテーションサウナ。
な、な、なんとセルフロウリュができるのです!!
「せ、セルフロウリュ!!いざ、参らん!!」と意気込む私ですが、入り口には目を見張るものが!!

なんと、ビィフィダが吊るしてあるのです!! そしてサウナハットも!!

「え、ここはもしかしてフィンランド?? 確か、ここは熊本だったはず、、」

薄暗く湯気で見通しの悪い浴室が余計にフィンランド感を演出してきます(フィンランド感が何なのかはわからない)

そして、このビィフィダ、自由に使っていいらしいんです。
サウナ室に持ち込んで体をパチパチしても、水につけたりしても!!
なんと太っ腹!! チキンな私は恥ずかしくて、そんな派手なことはせずにとりあえず外で体をパシパシと。
「あ〜、フィンランド人ってこんな感じなのか〜」って言ってすぐに直しましたが、ここまでするサウナってなかなかないですよね。

サウナに対する熱がすごい。東京だったら絶対もっと人気出る。と確信しながら
いよいよメディテーションサウナの中へ!!

入っていきなり目の前にサウナヒーターが現れます。そして二段目くらいの高さにあるサウナストーンに自由にロウリュすることができます。
また、ここでかける水もビィフィダかアロマかなんかのいい香りがして、サウナストーンにかけた時に部屋中にいい香りが広がります。

そして、サウナの中ではヒーリングソングが流れておりゆったりとしたした気分でリラックスすることができます!!

サウナ室の温度は、割と低め80~89℃くらいの間で、ロウリュしても割とすぐに普通に戻ってしまうので、
がっつり汗をかきたいという人にはドライサウナが良いと思いますが、フィンランド式のサウナを体感してみたいという人は是非とも体験してみる価値ありです!!

12分いても辛くない温度で、良い香りとヒーリングソングに包まれるとても気持ちの良いサウナでした!!
サウナ室の窓から差し込む外の光がなんか雰囲気でててGood!!

熊本の水をふんだんに使ったスチームサウナ

そしてお次は、スチームサウナです。
個人的には温度の出ないスチームサウナはあんまり好みではないのですがとりあえず潜入です!

ビィフィダとサウナハットのかけてあるスペースの隣の扉をあけ、中に入ると真っ黒!!
そして、水蒸気がすごい!!ま、スチームサウナだからね。

温度的には普通のスチームサウナより少し暖かい印象、そして中央には塩が積んであり体にスリスリするタイプです。
このスチームサウナの魅力は何と言っても水の質!!

いわれるまで気がつきませんでしたが、確かにスチームサウナの水蒸気が臭くない!!
ま、あんまりよくわからなかったですがね!!
しかしながらこれまで体感してたサウナよりも心地よい温度でたっぷり汗をかくことができました!!

名水大国「熊本」の誇る水風呂

出典:SAUNA TIME
そして肝心の水風呂でありますが!
この水、飲めるんです!! さすが水の国熊本です!!我ながら誇らしい!
ま、飲むのは少し怖いので飲んではいませんが。でもきっと美味しいはず!!今度飲んでみます!!

そして、男湯の水風呂にはなんと滝が流れてます!
静岡にある聖地「しきじ」みたいですよね。

温度は16~17℃くらいでややつめためという感じですが、滝があることにより水が循環しいわゆる羽衣ができにくくしっかりと体を冷やすことができます!! そして、深さも120cmくらいあるため、ゆったりとすることができます!!!

「あ〜!!気持ちい〜〜〜!!!」

思わず水風呂に入りながら声に出してしまいました!!!

しっかりとしたサウナとアウフグース。そしてそのあとに待ち受けている極上水風呂。
「どうしてこれまで熊本に住んでいながら、この熊本の秘める水風呂のポテンシャルに気がつけなかったのか、、、」と少し後悔させれれるレベルです!!

ほんと気持ちよかったな〜!!

そして、肝心な外気浴のスーペースは、湯らっくすは露天と浴槽の間に扉がなく、露天も完璧な露天ではなく天井があるタイプの半露天という感じなので、外気浴のスペースもこの露天との間にあり、浴室からの湯気と外から流れ込む冷気との両方をデッキチェアで楽しむことができるなかなか珍しいスペースになっています!!

もちろん、しっかりととのえました〜!!!湯らっくす最高〜!!

ヨガスタジオとリラックスルーム

「ととのった〜」と言いながら、更衣室に戻り、そこに用意してあるキンキンに冷えたアロマの香りのするタオルで体を引き締めます!! 「きもち〜〜〜!!そしていい匂い〜〜!!!」あまりにもキンキンになっていたので少し破壊力が強かったですが、ここまでしてくれるホスピタリティはすごい!!

そして、サウナから出て階段を登ろうとした時に、 汗ばんだ少しセクシーヨガのウェアをきた女性とすれ違います

え??何故ゆえ?? と思いましたが

実は、湯らっくす。ヨガ施設もあるのです。
それも二つ、オーソドックスなマットを使ったヨガと、ハンモックみたいなものを使ったエアリアルヨガの二つのレッスンを受けられるそうです。 もちろん、有料のレッスンになるのですが、体験用としての無料プランもあるそうなので、温泉に入る前に体をほぐして一汗かいて行くのもいいですね!! さすが島耕作を意識しているだけあります。
恋人の大町久美子への気遣いも欠かしませんね。
うん、すごい。 

そして、リラックスルームにはリクライナーとカウチベットがあります。
ここまでは普通ですが、湯らっくすにはドミトリーと呼ばれるカプセルホテル的な部屋があるのです。
一人でゆったりしたい時には最高ですよね〜!!珍しい!!

男性用と女性用のスペースは完璧に区切られているので女性も安心です。
そして、コーヒーやレモン水なども飲み放題なのも嬉しいですね!!

この他には、マッサージチェアや漫画、そしてPCが置いてあったりなど設備が充実しています。
フロア全体の雰囲気も木目を生かした、シックでありながら温かみのあるデザインでとても落ち着く空間になっています!!

地のものを使ったサウナ飯

サウナのあとはサウナ飯です!! 施設の特色が出るのも魅力ですよね。
そんな湯らっくすのサウナ飯は地のものをガンガン推してきます!!(もちろん普通の定食もあるよ)

一番のおすすめは、チキン南蛮定食!!

九州といえばチキン南蛮ということで、まぁ納得は行くのですが
何故か、オプションで付いてくるのがサンチュなんですよね。
ちなみに単品でもサンチュを推してくるのです。

熊本ってサンチュ有名だったっけ? そもそもサンチュって焼肉の時とかじゃねって思いましたが
水が綺麗だから美味しいサンチュができるらしいです、、、。うん。

肝心なお味なのですがチキン南蛮も普通に美味しかったです!
そして推してるだけあってサンチュも水々しかったです!

料金システム

そして気になる料金システムです。
湯らっくすは、温泉を利用できるコースと、二階のリラックスルームやヨガスタジオを使用することができるコースとの二種類があります。

温泉のみのコースが
大人(中学生以上):590円
小人(4〜小学6年生):300円

2階も使えるコースが
大人(中学生以上):1300円
小人(4〜小学6年生):650円
深夜料(深夜1時から深夜5時の利用):1800円

となっています!!
この極上のサウナと水風呂が約600円で利用できるのはすごくお得ですよね!!!

アクセス

肝心なアクセスですが、地方都市ということもあり多少アクセス的には不便かなという印象があります。

熊本市中心街下通りから車で8分
JR熊本駅から車で5分
最寄りバス停「世安町」から徒歩3分
JR平成駅から徒歩3分

熊本駅から乗り換えて平成駅まで行くのが一番ベストかなという印象があります!
タクシーを使うのもありですね!!

まとめ

熊本が誇る「湯らっくす」は前評判通りに最高のサウナ施設でした!!
サウナも、ドライサウナ、メディテーションサウナ、スチームサウナと様々なサウナを有し、阿蘇の天然水をふんだんに使った水風呂といい「フィンランドと熊本の奇跡のコラボ」と言っても過言でないのかなと思いました!!(フィンランドいったこと無いけど)
そして、サウナにいる方々もなかなかサウナレベルが高い方ばかりなような気がして、「九州各地からサウナーを引き寄せてるんだな」という印象を受けました!! やっぱサウナーは良いサウナに惹きつけられる運命なんですかねww

リニューアルを機にこれまでのサウナとリラックス空間という健康センターとは少し違う上質な空間に生まれ変わった九州の「しきじ」湯らっくす。
サウナーなら行かない理由は無いはず!!! 是非とも最高のリラックス空間を体感してみてください!!おすすめです!!!


にほんブログ村 健康ブログ サウナ風呂・低温サウナへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。